記事作成を外注するには?【注意すべきポイント】

オウンドメディアやアフィリエイトブログの成長は、管理者にとってとても喜ばしいことですが、コンテンツが増えるにしたがって、管理に必要な時間や手間が増えていきます。

限りある時間内で成果を出すために、記事作成の外注サービスを戦略的に利用するのは一つの方法です。

当記事では、記事作成の外注の仕組みや、気を付けるべきポイントなどをご紹介していきます。

記事作成の外注依頼する際のポイント

記事作成の外注とは、管理者が社外のライターや業者に記事作成を任せることです。

望む結果を出すためには、記事を外注依頼する際に気を付けるべきポイントがあるので、外注の方法と合わせて説明していきます。

記事作成の外注先は主に3種類

結論からいうと、記事作成の外注先には、主に以下の3種類があります。

  • クラウドソーシング
  • 記事作成代行の専門業者
  • 個人ライター

この3つは、記事作成の外注に際して、必要な予算や時間、手間がそれぞれ異なります。

例えば、クラウドソーシングでは、サイト上でライターを公募するか、もしくはサイト上にプロフィール公開しているライターを個別にスカウトすることで、こちらの予算や日程に合わせて、手軽に記事作成を外注できます。

一方で、記事作成代行を専門に行う業者では、単価は高くても、編集・ディレクションを含めて行ってもらえることが多く、こちらがほとんど手間をかけなくても、要望に沿ったクオリティの高い記事作成を期待できます。

個人ライターに記事作成を外注する場合は、長期的に見れば、掲載先メディアにとって強力な助っ人となるような人材と信頼関係を築くことが可能です。

記事作成の外注先を決める際のポイント

記事作成の外注先を決める時は、それぞれの長所と短所をふまえて、こちらが必要としている記事の実現に適した外注先を選ぶのがポイントです。

記事のクオリティや納品ペースなど、こちらの予算とニーズに合う相手と仕事をすれば、効率よく望む結果を出せる可能性が高いからです。

この章では、

  1. クラウドソーシングサイト
  2. 記事代行作成を専門とする業者
  3. 個人ライター

という3種類の外注先が持つ長所と短所について、詳しく解説していきます。

1.手軽さが魅力のクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは、記事外注をタスクとして請け負うワーカーを探す時、最も手軽に使える方法です。

なぜならば、外注先に求める条件をこちらが明示してから公募するという形式なので、人が集まりやすいからです。

特定のジャンルに詳しいライターを見つけたい場合は、クラウドソーシングサイト上に公開されているワーカーのプロフィールを検索して個別にスカウトできます。

さらに、ライターの応募要件や経験値などのハードルを低くしたり、募集期間を長く取ったりすれば、初心者や未経験のライターから応募があるため、相場よりも安い単価であっても、記事作成を外注できることも利点です。

しかし、思っているよりもたくさんの応募があった場合には、各応募者と連絡を取ったり、選考をしたり、全体のスケジュールを管理したりといった新たな業務が発生するため、時間や手間がかかることもあります。

会員数100万人以上のクラウドソーシングCraudia(クラウディア)

2.作業の手間をかけずに記事作成できる専門業者

記事作成代行の専門業者に外注すれば、作業の手間をほとんどかけずに記事作成できます。

なぜならば、編集・ディレクションも担当してくれる場合があるからですね。

依頼主の望むものをはっきりと伝えることさえできれば、記事のクオリティや納品の時期、ペースなども要望通りに対応してもらえるサービスだからです。

しかし、専門業者の単価は1文字3円以上と高い傾向にあるため、全体としてコストがかさんでしまいます。

予算が少ない場合には、無理に作成依頼して赤字にならないように気を付ける必要があります。

また、特定のジャンルに特化した記事作成の代行については、専門的な意見や経験値の高さを期待できない可能性もあります。

なぜならば、依頼主がライターを直接選べないため、専門知識のないライターが記事作成するケースも考えられます。

さらに、一つの記事に関わる人の数が増えるため、記事作成には一定の時間がかかるのも難点です。

対応に時間がかかるため、急ぎの案件などについては、対応してもらえない場合もあるでしょう。

クイッカ×クラウディア「記事作成代行サービス」

3.個性や成長を期待できる個人ライター

個人のライターに記事作成を外注する場合は、ライターが既に持っている知識や経験を活かした記事を書いてもらえる利点があります。

書き手の個性や関心を生かすためには、あらかじめプロフィールや経歴に目を通し、適したジャンルやテーマの記事を作成してもらう配慮が大切です。

例えば、30代の女性向けの化粧品のレビュー記事なら、30代前後の女性ライターに書いてもらう文章だと、「読者に訴えかけるものになる」可能性は高いでしょう。

また、美容や料理など、特定のジャンルに精通するライターならば、想定される読者の心に響くコンテンツを作れます。

さらに、同じ個人ライターと長期的に付き合えば、依頼主の要望に応えて成長し、より理想に近い記事を作成してくれるのが期待できます。

しかし、個人と契約を結ぶ際には、コミュニケーションをしっかり取るとともに、契約内容をはっきりと示すことが欠かせません。

記事の内容についてはもちろん、予算や納期などの契約内容を明示して、トラブルを未然に防ぐために気を遣わなくてはならないのが短所でしょう。

記事作成を外注する際の料金相場は1文字1円程度

結論からいうと、記事外注は1文字1円程度が相場です。

質の高い記事を書いてもらう際にかかる時間や手間、外注された業者やライターのモチベーションを考えると、1文字1円程度が記事作成外注の相場といえるからです。

もちろん、0.5円やそれ以下の報酬でも募集できるし、実際に相場よりも低価格でのお仕事募集もクラウドソーシングなどではよく見られます。

単価が低ければ質が下がると往々にして言えない場合もありますが、外注先のことを考えると、気を付ける点もあります。

外注を請け負う側とすれば、低い単価の仕事をする場合、できる限り少ない時間でたくさんの量をこなさなければ、生活が成り立たない状況にあると想像できます。

商品のレビュー記事の作成であれば、実際に使ってみる手間や、写真撮影の準備、写真の加工・編集などの作業といった仕事もあり、記事執筆以外の労力がかかっています。

記事の質と単価は必ずしも比例しませんが、双方が納得して長期的に記事作成を外注できる良好な関係構築のためにも、1文字1円程度の単価でのスタートが無難です。

記事作成を外注する際に注意すべきポイント

記事作成を外注する際に注意すべきポイントは、『記事の意図を作成者にはっきりと分かりやすく伝え、イメージの共有をすること』です。

なぜならば、依頼主と外注先の考えているイメージの相違をできるだけ少なくして、理想的な記事を作成してもらうために必要不可欠なプロセスだからです。

掲載するメディアの性質や、読者ターゲットを明確にして、実際に記事を作成するライターや業者に対して「どのような記事が求められているのか」を説明することで、依頼主の求めているものに限りなく近い記事を作成してもらえます。

また、記事のテンプレートやマニュアルを外注先と共有すれば、より統一感のあるサイトが作れて、修正や調整の手間も省けます。

記事外注から検収までには5段階ある

記事外注の流れは、以下の通り、大きく分けて5段階あります。

  1. 依頼主の条件に合った外注先を選ぶ
  2. 記事の意図、表記ルールなどを共有する
  3. 必要ならテスト記事を作成してもらう
  4. 期日までに納品してもらう
  5. 記事のチェック、修正
  6. 支払いなど必要な手続きを行う

順を追って、それぞれのステップを説明していきます。

1.こちらの条件に合った外注先を見つける

最初にすべきなのは、依頼主の予算や求める記事内容、納品ペースなどの条件に合った外注先を選定することです。

契約時には、お互いの希望内容を確認することはもちろん、掲載予定のメディアや参考記事をシェアするなどして、「どのような記事を外注したいのか」を明確に伝えることが大切です。

2.記事の意図、表記ルールなどを共有する

外注先と依頼主のイメージの相違を防ぐため、外注する記事の内容については、できるだけ具体的に指示を出すことが大切です。

例えば、『ダイエット』をテーマとする記事の場合、食事制限や運動、サプリなどさまざまなダイエットがあり、記事の作成者によって表現方法が異なります。

しかし、『50代の運動が苦手な人に向けたダイエット』についての記事なら、50歳代の読者にとって関心の高いコンテンツになり得ます。

記事作成の外注先には、読者ターゲットや記事の意図をしっかりと伝えることで、納得のいく記事を作成してもらえるでしょう。

さらに、掲載サイト全体の統一感のためには、文字数や表記ルールなどをシェアするのも重要なことです。

また、テンプレートやマニュアルがあれば、それも忘れずに共有しましょう。

外注先にとっても、明確に指示を出されれば、仕事がしやすくなります。

3.必要ならテスト記事を作成してもらう

必要があれば、記事の意図やイメージが共有できたかどうか、記事のクオリティはどうかを確かめるために、トライアル記事を作成してもらいましょう。

4.期日までに納品してもらう

記事の発注が終わったら、決められた期日までに、指定した方法で、作成した記事を納品してもらいます。

5.記事の検収、修正をする

外注先から記事が納品されたら、検収をして、必要なら修正していきます。

外注先の作成記事が「依頼主の求めていたイメージ通りの仕上りかどうか」のチェックは欠かせません。

また、ネット上のツールを使用したコピペチェックも、メディア管理者として大切な作業の一つです。

外注先が修正に対応してくれる場合は、「どの箇所をどのように修正してほしいか」を具体的にはっきりと伝えましょう。

さらに、継続して外注する場合は、納品の後に具体的なフィードバックをすることで、次回以降、より良い記事を作成してもらえる可能性がぐっと高まります。

6.支払いなど必要な手続きを行う

個人ライターに対しては、個別で支払いを行うので、あらかじめ契約書で決められた方法にしたがって支払いを行います。

クラウドソーシングなら、お金のやり取りはクラウドソーシング上で行われるので、手続きの煩雑さは軽減されます。

専門業者の場合は、請求書をもらい、請求書内で指示された金額や支払日を確かめて問題なければ支払いしましょう。

まとめ

記事作成の外注先と長期的に仕事をして信頼関係を構築すれば、依頼主の手間をほとんどかけずに、サイト全体の価値がアップする記事を作成してもらえるようになるでしょう。

記事の完成イメージをはっきりさせた上で、条件に適した外注先に記事作成を依頼すれば、双方にとって有意義なお仕事ができます。

記事作成の外注を検討している人は、ぜひこの記事を参考に外注をスタートしてみてくださいね。

【ブログ記事作成代行サービスのバイトとは?メリット・デメリット】

ブログ記事作成代行サービスのバイトは、「これからWEBライターとして働きたい」と考えている人や、仕事の幅を広げたいフリーランサーから注目を集めている仕事です。

時間や場所を問わずにパソコンひとつで始められる仕事なので、大学生や副業ライター志望の人にもぴったりの仕事だといえます。

ブログ記事作成代行サービスのバイトを始めるにあたって必要な知識をまとめてお伝えしていきます。

ブログ記事作成代行サービスのバイト内容

メディア運営者の代わりに記事を作る仕事

ブログ記事作成代行サービスのバイトは、『依頼を受け、メディア運営者の代わりに記事を作る』という仕事です。

ブログ運営している人が記事の作成以外の仕事に追われていたり、ライティングやリサーチのスキルを持ちあわせていない場合、ブログ記事作成代行サービスが役立ちます。

例えば、エステサロンを経営しているオーナーが本業の仕事で忙しく、ブログでサロンについて情報発信したくても、ブログ記事の作成時間を取れないケースなどですね。

ライターが依頼者に代わって記事を書くことで、狙った読者ターゲットに必要なメッセージがうまく伝わる、効果的な記事を作れますよ。

さらに、SEO知識があるライターにブログ記事を作成してもらえば、インターネット上で注目を集め、たくさんの人に読まれるブログに成長する可能性もあります。

そのため、ブログ記事を代行して作成する専門のサービスが注目を集めています。

個人ブログ、企業ブログのための記事作成代行

ブログ記事作成代行サービスには、大きく分けて「個人のブログ」「企業や団体のブログ」記事作成の2つに分けられます。

個人のブログには、経営コンサルタントや占い師など、さまざまなサービスや活動を普及させるためのブログが多いです。

企業や団体のブログには、商品やサービスを宣伝するためのオウンドメディアを筆頭に、数多くのメディアが存在します。

多くの人がインターネット上で情報収集する今の時代、集客や収益のために、効果的なブログ記事を作成代行するサービスの重要性は増す一方です。

さまざまなジャンルに応じたブログ記事作成

ブログ記事作成のバイトには、さまざまなジャンルのニーズがあります。

ブログと一口に言っても、料理ブログから観光ブログなど、ジャンルは多岐にわたり、求められている内容もそれぞれ異なるからです。

さらに、文体から記事の長さ、読者ターゲットまで、ブログによって条件が異なります。

そのため、ブログ記事作成代行のバイトにおいては、ジャンルごとに求められている情報や文章のスタイルを理解し、最適な記事を作成する必要があります。

記事作成のためのリサーチとライティングが必須

ブログ記事作成代行には、リサーチとライティングが欠かせません。

なぜなら、インターネット上で調査をしたり、場合によっては実際に取材をしたりして情報を集めてこそ、価値ある記事が作れるからです。

例えば、筆者が「海外情報まとめサイト」のためにブログ記事を書いていたときは、オンラインの調査に加えて、あちこちの観光スポットに足を運んでの現地取材が欠かせませんでした。

さらに、集めた情報を分かりやすく文章にまとめていくライティングスキルも重要です。

ブログ記事代行バイトの相場は0.5円~5円

ブログ記事代行バイトの相場は、おおよそ1文字あたり0.5円~5円です。

単価にばらつきがあるのは、ライターに求められる経験やスキルが違うことに加え、分野ごとに需要の多寡が異なるからです。

一般的には、スキルの高いライターによるブログ記事作成は単価が高いです。

さらに、需要の高まっている分野にまつわるブログ記事作成の代行は、単価高い傾向があります。

一方で、書き手のスキルを問わないという案件は、総じて単価が低い傾向です。

受注するためには自分のレベルをふまえて仕事を選ぶ必要があります。

しかし、記事を書くには一定の時間がかかるので、自分で納得して取り組めるように、求める条件をはっきりさせてから仕事を始めましょう。

ブログ記事作成代行サービスでバイトするメリット

ライティング初心者でも始めやすい

ライティング初心者も始めやすいのが、ブログ記事作成代行サービスのバイトの特徴です。

なぜなら、単価に応じて求められている記事のレベルが異なるため、未経験の人でもOKな案件もあるからですね。

また、500文字など短い文章量の記事作成バイトもあるので、短時間で要領よく数をこなしていくやり方もあります。

さらに、クライアントによっては、事前に詳細なマニュアルや指導を行ってくれたり、納品した記事に対するフィードバックをくれる場合もあります。

これからライターとして仕事をしたい人にとっては、Webライティングの勉強をしながらのスタートも可能です。

場所を問わずに働ける

ブログ記事作成代行のバイトは、インターネットに接続さえすれば、場所を問わずどこでもできる仕事です。

多くの場合、ブログ記事を書くために必要な以下の作業は、オンライン上で完結するからです。

  • 仕事の検索
  • 仕事の受注
  • 記事のための情報収集やリサーチ
  • 記事のライティング
  • 記事の納品(入稿)

ライティングのみであれば、パソコンさえあればオフラインでも作業できます。どこでも作業できる身軽さは、ノマドワーカーに憧れる人にとっても魅力です。

本業や学業などの傍らで仕事する人にとっては、場所に縛られず働けることは大きな利点といえるでしょう。

もちろん、内職として、完全在宅での仕事も可能です。

時間を問わず働ける

自分のタイムスケジュールに合わせて、時間を問わずに働けます。

締切さえ守れば、期限内に自分で時間をやりくりして1人で仕事を進められるバイト内容だからです。

しかし、一般的なフリーランスと同様、タイムスケジュールを自分で決め、行動に移すという自律した働き方が求められます。

記事を作る中でスキルが身につく

ブログ記事作成の代行のバイトをすると、記事を作る中でスキルや知識が身につきます。

なぜならば、リサーチで得た知識を情報として文章にまとめる作業を通して、記事で扱う内容について自然と学べるからです。

お金を稼ぎながら知識を得て、スキルを磨けるのは魅力です。

また、ライフハックなどの記事作成後には、リサーチや調査を通して得た知識を日常生活の中でも生かせます。

将来的に自分でブログを作って収益化したい人にとっては、成功しているブログのテーマや切り口も見習えるので、一石二鳥ですね。

ブログ記事作成代行サービスでバイトするデメリット

初心者は単価が低い

初心者向けのブログ記事作成代行サービスのバイトは、単価が低いこともあります。

場所や時間を問わない魅力から、ブログ記事作成代行サービスのバイトは人気が高く、たくさんの人が応募するため、報酬が低くても請け負うライターがいるためです。

1文字0.5円やそれ以下の報酬案件もありますが、ライティングやリサーチにかかる時間と労力を考えて、自分に合ったものを選ぶのがポイントですね。

例えば、投資や金融系ジャンルは高単価の案件も多いけど、そのぶん専門知識が無いと書くのは難しいです。

トライしてみたものの、作成するのに時間がかかりすぎて、割にあわない仕事になってしまうケースも少なくありません。

そのため、報酬単価も重要ですが、取り扱うテーマのバランスも考えながら取り組んでいきましょう。

専門的スキルを必要としない案件には競合が多い

ブログ記事作成代行の中でも、特に専門的なスキルが必要ない案件には、たくさんの応募があり、競争率が高いことがあります。

なぜなら、間口が広い分だけ、「誰にとっても取り組みやすい仕事」だからです。

例えば、「育児」をテーマとした記事作成の場合、育児経験者は取り組みやすい分、ママさんからの応募が殺到するケースも多いです。

しかし、案件に合ったポートフォリオを用意したり、クライアントが求めるものを汲み取って提案することで、他の応募者と差別化を図り、受注できたりします。

ブログ記事作成代行サービスのバイトの探し方

この章では、実際にブログ記事作成代行サービスを見つけるためにはどうすればいいのかをお伝えします。

クラウドソーシングで見つける

代表的なクラウドソーシングサイトで『ブログ記事 ライティング』などのキーワード検索をかければ、ブログ記事作成の案件を見つけられます。

なぜならば、他のライティングの仕事と同様に、クラウドソーシングサイトには多数のブログ記事作成代行の案件が集まっているからです。

例えば、会員数100万人以上のクラウドソーシングCraudia(クラウディア)ライティング(記事作成代行)の仕事・依頼一覧はコチラとなります。

いくつものクラウドソーシングサイトに登録すれば、より多くのクライアントや案件に出合えます。

しかし、一定のクラウドソーシングサイトにあえて絞って活動しましょう。

受注者としての評価を上げ、経歴を充実させるほど、クライアントに信頼されやすくなり、受注を増やせます。

ライターエージェンシーに登録して仕事をもらう

ライターのためのエージェンシーに登録すれば、経歴に応じて、ブログ記事作成の代行サービスを請け負えます。

一般のエージェンシーは一定量の仕事を持っているため、請け負う仕事が途切れて収入が無くなってしまうことを防げます。

しかし、仲介料がかかるため、直接雇用よりも報酬は低くなる傾向があります。

WEBメディア、企業、個人ブロガー、経営者などに売り込んで仕事をもらう

ブログを運営している個人や企業に売り込みをするのも、ブログ記事作成代行サービスのバイトを見つける方法のひとつです。

営業には、自分の実力をよく知ってもらうために詳細なポートフォリオを用意したり、具体的な記事の企画を考えて提案したりといった工夫が必要です。

また、クライアントと直接やりとりをするので、報酬の支払い方法や納品方法、記事の作成や修正など、契約の条件をはっきりと決めておきましょう。

直接雇用には双方にとって金銭的な利点はありますが、一方で契約上のトラブルを避けるために、気を遣わなければいけません。

クラウドソーシングなどの仲介してくれる業者がいないため、何かしらのトラブルが会った際も自分で対処する必要があるからですね。

そのため、実力にまだ自信がない人や、事務処理や契約に時間や労力を使いたくない人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

SNSで自分の活動をアピールして依頼を受ける

Twitter、FacebookなどのSNSのアカウント上で、ライターとしてプロフィールを作成し、仕事を受けることもできます。

なぜなら、つながりのある知り合いや友人にブログ運営している人がいたり、ブログ記事作成代行サービスを必要としている人を紹介してもらえる可能性があるからです。

可能性が広がる反面、個人間のやり取りなので、企業とのやり取り以上にトラブルに気を付けて対応する必要があります。

契約書などの知識もなく、口約束など軽い考えで取り組む人もいるためです。

ブログ記事作成代行サービスで効率よく稼ぐコツ

スキルを上げて単価アップにつなげる

ブログ記事作成代行において、ライティングやリサーチなどのスキルを上げることで、単価アップにつなげていけます。

なぜなら、優秀なライターを探しているメディアは多いので、実力さえあればより高収入な仕事を選べるからですね。

ライティングスキルを上げるのはもちろん、リサーチ能力を上げることで、効率よく稼げる案件を受注できるようになっていきます。

記事作成スピードを上げる

記事作成スピードを上げることも、効率よく稼ぐための方法です。

リサーチした内容を文章に落とし込むプロセスをスピーディに行えれば、同じ時間内でも、より多くの記事を仕上げられます。

例えば、1日3記事だったところを1日9記事書けるようになれば、単価が同じでも3倍の収入を得られます。

文章の型を決めたり、集中できる環境を整えることで、仕事の効率を上げられます。

しかし、スピードアップにも限界があるので、副業ライターの人は本業とのやりくりや、自分の体力・気力をふまえてコントロールする必要があります。

専門分野・得意ジャンルを確立して高額案件をゲットする

自分の専門分野・得意ジャンルをはっきりさせると、ブログ記事作成代行サービスで効率よく稼げるようになります。

なぜならば、他の人が持っていない知識や経験は、情報として価値があり、記事の魅力やオリジナリティが増すからですね。

例えば、英語学習に詳しい人が書いた記事には、読者の共感を呼ぶようなエピソードや、具体的な学習方法など、他にない情報を盛り込めます。

また、婚活やダイエットなど、多くの人が知りたいテーマにおける経験が豊富だと、その分野のブログ記事作成代行をより良い条件で依頼されやすくなりますよ。

さらに、テクノロジーや医療、AIなど、今急激に成長している分野のブログ記事を専門に書けるようになれば、将来的により高単価の仕事ができるようになり、効率よく稼ぐことにつながります。

付加価値を付けて単価を上げる

付加価値を付けて単価を上げることも、ブログ記事作成代行で効率よく稼ぐ方法のひとつです。

ブログ記事にまつわるプラスアルファの価値を提供できれば、メディア運営者により高く評価され、収入に結びつきます。

例えば、付加価値としてブログ作成代行で重宝されるスキルには、

  • SEO対策
  • WordPress入稿
  • 写真の撮影や編集
  • SNS上での拡散

などがあります。

いずれもオンライン上で、独学でも習得可能なスキルです。

できることを増やしていって、ポートフォリオにもしっかりと記載することで、より効率よく稼げる案件の受注につながります。

クライアントと信頼関係を築く

ブログ記事作成の依頼者であるクライアントと信頼関係を築くことも大切です。

なぜならば、クライアントと信頼関係を築ければ、定期的なブログ記事の作成代行など、長期にわたるプロジェクトを受注するなどの可能性が広がるからです。

円滑なコミュニケーションで、クライアントのニーズを把握して、納期などのスケジュールを厳守して仕事をしていくことが、将来的な収入アップと収入の安定につながります。

まとめ

在宅ワーカーが増えつづけている今の時代に、ブログ記事作成代行のバイトは多くの人にとって魅力的な仕事です。

ブログ記事作成代行のバイトを通して、自分の理想のワークスタイルをぜひ実現してください。

SEO記事作成代行サービス依頼の流れや注意点

「運営しているサイトに掲載するためのSEO記事を代行サービスへ外注しようかな…」

「代行サービスへSEO記事作成を依頼するメリット・デメリットって何だろう?」

「SEO記事作成をしてくれる代行サービスの料金相場や利用する上での注意点を知りたいです!」

SEO記事の作成を外注するかどうか悩んでいる方や、記事作成の代行サービスに興味を持っている方も多いと思います。

しかし冒頭で取り上げたような疑問や悩みを持っていて、記事作成の代行サービス利用に踏ん切りがつかない方もいるのでないでしょうか。

そこで当記事では、SEO記事作成を代行サービスへ外注する際の流れ、代行サービスを利用するメリット・デメリット、依頼する上で注意すべきポイントを解説。

学んだ知識を活かせれば、今後SEO記事を代行サービスへ頼みたい際、スムーズに外注できるでしょう。

ぜひ、記事を参考にしてみてくださいね。

SEO記事とはどんな記事なのか

ブログやWebメディアの記事作成するうえで、「SEO」という言葉を耳にすることも多いと思います。

結論から言うと、SEO記事とは「検索エンジンで上位に表示されるための対策が施された記事」となります。

なぜなら、SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」を省略した言葉であり、検索エンジンで上位に表示されるための対策そのものを指すからですね。

記事が検索エンジンで上位表示されることによって、書いた記事やサイトのアクセスが増えるメリットもあります。

またアクセスが増えると、商品やサービスの申込みはもちろん、アフィリエイトやアドセンスといった広告収益といった広告収入で稼ぐこともできます。

SEO記事の作成を代行サービスへ依頼する流れ

SEO記事の作成を代行サービスへ依頼する流れは、以下の通りです。

  1. 依頼する代行サービス側と打ち合わせ
  2. 記事作成の開始
  3. 初稿の確認と修正依頼
  4. 納品

この章では、各ステップについて詳しく解説していきます。

1.依頼する代行サービス側と打ち合わせ

まず最初に行うことは、記事作成代行サービス側と作成する記事の目的や内容、記事構成などについて打ち合わせする必要があります。

というのも打ち合わせがしっかりできておらず、依頼主と業者お互いの意図する内容がズレていると、制作過程で様々な弊害が生じる可能性があるためです。

例えば、発注側の想像した記事が完成してくることも考えられます。

意図する記事と違うモノが納品されたら、記事編集にもコストや時間がかかるし、最悪の場合、ボツとなって記事自体を使えないケースもあります。

そのため、発注する代行サービス側と綿密に作成してもらいたい記事について打ち合わせする必要があるわけですね。

2.記事作成の開始

打ち合わせが完了後、記事作成が始まります。

なお発注する代行サービスは大きく分けて2つのパターンに分かれています。

  • 記事作成を専門に行っている代行会社に作成してもらう。
  • クラウドソーシングなどSOHOサイトを利用して外部ライターに作成してもらう。

専門の代行会社にSEO記事を発注するとお金はかかりますが、説明不要でSEO対策を施した記事を作成してくれます。

クラウドソーシングを利用して発注すると安く済みますが、SEOについて知らないライターも多いため、事前に作成マニュアルを用意しておくことをおすすめします。

例えば、SEO自体の説明や効果的な記事の書き方などをまとめた内容ですね。

どちらの方法も一長一短ありますが、あなた自身がSEOに詳しくなかったり教える手間を省きたいのであれば、代行サービスへの依頼をおすすめします。

【品質にコミット】クイッカ×クラウディア「記事作成代行サービス」

3.初稿の確認と修正依頼

初稿とは最初に完成した原稿のことをさします。

記事作成代行サービスから作成してもらった初稿を確認しながら修正ポイントを洗い出します。

基本的には、記事を作成した側でも依頼された通りに記事が書けているかを確認していきます。

例えば、「誤字脱字はないか」「記事内容は法的に問題ないか」「SEO対策が盛り込まれた記事作成できているか」といったことですね。

ただし、専門の代行会社に依頼している場合、修正が有料の場合もあるので、事前に担当者へ確認しておきましょう。

4.納品

修正が完了したら、いよいよ納品です。

もし修正を依頼していたのであれば、指摘した箇所が直っているかチェックしてOKならば、納品完了。

以上が、SEO記事の作成を代行サービスへ依頼する一連の流れとなります。

SEO記事作成を代行サービスへ依頼する3つのメリット

SEO記事の作成を代行サービスへ依頼する3つのメリットは、以下の通りです。

  1. 記事作成の労力を減らせる
  2. 運営しているサイトの記事数を簡単に増やせる
  3. SEO対策された記事を作成してくれる

この章では、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1.SEO対策や記事作成の労力を減らせる

イチからSEO対策や自分で記事作成する労力がなくなります。

記事を全部自分で作成すると、SEOに必要なキーワード選び、キーワードを盛り込んだ見出し作成や記事構成作成など、準備だけでも時間がかかります。

慣れていない人の場合、丸一日どころか数日かかるケースもあります。

もし、SEO対策以外の集客手段も行っている、もしくは考えているのであれば、外注化はさらにおすすめと言えるでしょう。

ツイッター、インスタグラム、フェイスブックといった各種SNSやYou Tubeなど、空いた時間を他の集客手段に使えるからですね。

2.運営サイトの記事数を増やしてロングキーワードを狙える

運営サイトの記事数を増やしてロングキーワードを狙いのSEOも可能です。

記事数を増やすことで、検索エンジンから様々なキーワードで引っかかるようにるからですね。

※参考⇒ ロングテールキーワードとは

ただし、注意点として、ただ記事数をむやみに増やせば良いわけではありません。

なぜなら、低品質の記事を入れ込むとサイト全体に悪影響が出る可能性もあるためですね。

アクセスアップ狙いのために記事を大量に作成したのが逆効果となり、アクセスダウンしてしまうケースも多々あります。

記事代行サービスであれば、高品質の記事を安定供給できるため、ロングキーワードでのアクセスアップ狙いも十分可能です。

3.SEOの知識がなくてもOK

SEO記事作成代行尾サービスであれば、SEOの知識がほとんど無くてもOKです。

SEOの知識を学んでいる担当者がほとんどなので、発注する側のSEO知識の有無は問題ではなく要望に合わせた記事を作成をしてくれます。

しかし、SEO記事で狙う検索キーワードや記事を読んでもらいたいユーザーの設定は、依頼主側が決める必要あります。

SEO記事作成を代行サービスへ依頼する2つのデメリット

SEO記事の作成を代行サービスへ依頼する2つのデメリットは、以下の通りです。

  1. コストがかかる
  2. 記事の質にバラツキがでやすい

この章では、それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1.コストがかかる

当然のことではありますが、外注することで記事作成にコストがかかります。

自分で記事を作成すれば時間はかかりますが無料で済む一方、依頼する業者やライター、文字数によってコストが大きく変動します。

たとえば、クラウドソーシングで発注すると1文字0.5円や1.0円の単価で依頼されているケースが多く、記事の質の高いプロのライターや専門の代行会社だと1文字3.0円以上が相場となりますね。

そのためサイトや記事にかける予算と相談した上で代行サービスを利用していきましょう。

2.記事の質にバラツキがでやすい

発注するライターによって、記事のクオリティーに差が出やすいのもデメリットの一つです。

なぜなら、主婦から学生までライターが存在しているので、一定の記事品質を保つのが難しいからですね。

中でもクラウドソーシングは、ライターがSEOの教育を受けているわけでもなければ、マニュアルを持っているわけでもないので注意が必要です。

また、経験の乏しいライターだと、発注する側が想定していた内容と異なる記事、SEO対策無視の記事になっていたりと、満足する出来上がりで納品されないこともあります。

ライターの質はピンきりなので、確実に質の高い記事を書いてもらいたいならば、プロのライターや記事作成を専門に行う代行会社への依頼が無難でしょう。

記事作成をしてくれる代行サービスの料金相場はピンキリ

基本的に記事作成の外注する費用は、1文字〇円という文字単価が多いです。

なぜなら、1文字あたりの出来高制にすることで、基準がわかりやすいからですね。

例えばクラウドソーシングを利用する場合、初心者のライターだと1文字0.5円~が一般的で、経験の積んでいる方だと1.0円~1.5円くらいが平均的な相場になっています。

一方でプロのライターに依頼する場合は、1文字2.0円~3.0円くらいが相場で専門的な記事内容になると5.0円以上になることが多く、専門の記事作成をしてくれる代行会社だとプロのライター相場に1.0円~2.0円上乗せされた金額が相場になるようです。

ただし、会社によっては単価の相場より高く料金を請求してくる業者もあるので、初めて記事作成の代行サービスを利用する場合は見積もりを事前に行うようにしましょう。

ジャンルやテーマによっては追加費用が必要なケースもあり

ジャンルやテーマによっては追加費用が必要となるケースもあります。

「その道の専門家」へ依頼するとなると、監修費用なども加わって単価アップへとつながります。

例えば、「誰でもOKの恋愛の体験談を書いてもらう」のと、「その道の専門家が書いた投資情報」などでは、記事単価にも大きな差がでます。

著名人や有名人になればなるほど、単価は高くなる傾向が強いですね。

記事作成の代行サービスを利用する注意点

記事作成の代行サービスを利用する上での注意点は、以下3つの通り。

  1. SEO記事作成の実績を調べる
  2. 代行サービスとのコミュニケーション
  3. 記事作成にかかる費用を頭に入れておく

この章では、各ポイントについて詳しく解説していきます。

1.SEO記事作成の実績を調べる

外注先を選ぶポイントとして、過去に書いたSEO記事や制作した記事などの実績を提示してもらいましょう。

というのも過去に書かれた記事を確認することで記事のクオリティーを簡単に知れるからです。

また記事だけでなく、どのキーワードで記事が上位表示実績も調べておくと、SEO対策の力量を計る目安になるのでぜひ確認にしてみて下さい。

ただし、注意点として「現在の順位」を教えてもらいましょう。

なぜなら、Googleはアップデートを頻繁に行っていて、数ヶ月前は特定のキーワードで上位表示されていたのが、現在は圏外というケースも多々あるためですね。

2.代行サービスとのコミュニケーション

記事作成代行サービス側との打ち合わせや連絡などのコミュニケーションはとても重要です。

コミュニケーションが不足していると、記事の内容や目的が上手く伝わらずに的外れな記事作成をしてしまったりと要望に合わせた記事ではなくなってしまうからです。

3.記事作成にかかる費用の見積もりを出してもらう

あらかじめ記事作成にどのくらいコストがかかるのか、自分で計算したり見積もりを出してもらいましょう。

自社がコンテンツ作成にかけられる費用と照らし合わせて依頼するかどうか考える必要があるためですね。

1記事ならばまだしも複数の記事を発注すると高額な金額になりやすいので、記事作成にかかるコストはざっくりと頭に入れておきましょう。

また、トライアルとして数記事単位で仕事依頼できる業者もありますが、記事品質や料金相場を知るうえでも積極的に活用することをおすすめします。

まとめ

今回は、SEO記事作成を代行サービスへ外注する際の流れから代行サービスを利用するメリット・デメリット、依頼する上で知っておきたい注意点やポイントを解説していきました。

SEO記事作成を代行サービスへ外注することにより、短期間で質の高いSEO対策された記事を作成してもらえます。

しかし、コストがかかったり発注するライターによって記事の質が大きく変わるので、代行サービスへ外注する際は注意が必要です。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

【簡単】記事作成の外注の仕方とマニュアル作成方法

「ブログに載せる記事を外注したいけれど、外注のやり方がわからない…」

「記事作成を外注する際に必要なマニュアル作成の作り方が知りたい!」

「依頼する記事作成のマニュアルで大切なポイントや注意点はありますか?」

本記事では記事作成の外注と依頼する際に必要なマニュアル作成の方法や抑えておくべき大事なポイントを解説していきます。

記事作成を外注することで、運営するウェブサイトの記事数を短時間で大幅に増やせてコンテンツを充実させられるメリットがあります。

記事を外注する上で特に大切なのが「外注方法」と「依頼マニュアル」の2点です。

上記2点ができていないと自分の想像以下の記事完成度となってしまい、「外注は失敗だった」という結果に繋がりかねません。

記事作成の外注するうえで失敗を減らすためには本記事を参考にしてみてくださいね。

読み終わる頃には、あなたに合った記事作成の外注のやり方や、依頼する際に必要なマニュアル作成の基礎や重要なポイントが明確にイメージできていることでしょう。

記事作成を外注する4つの方法

記事作成を外注する方法は、以下4つのとおりです。

  1. クラウドソーシングで発注する
  2. 知り合いに発注する
  3. SNSを利用して発注する
  4. 記事制作会社へ依頼する

この章では、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

1.クラウドソーシングで発注する

クラウドソーシングとは、ネット上で不特定多数の方にライティングやプログラミングなど、様々な仕事発注できるサービスを指します。

記事作成でクラウドソーシングを利用して外注する最大のメリットは、簡単に仕事発注できてライターが集まりやすい点です。

というのもクラウドソーシングには仕事を発注したい人だけでなく多くの仕事を受注したい方がいます。

なので、知り合いに頼んだりSNSでライターを募集するよりも外注してくれるライターがすぐ見つかりやすいです。

しかし、クラウドソーシングでライター採用する際には注意も必要です。

契約したライターによって記事の良し悪しは変わるのと、途中で連絡がとれなくなる悪質なライターもいるからですね。

2.知り合いに発注する

自分の周りにライターの知り合いがいる場合は、その方へ発注するのもオススメです。

もともと信頼関係のできている知り合いなら、コミュニケーションもとりやすく雑な仕事をされる心配も少なくて済みます。

ただし、知り合いだからこそ納期に遅れるケースも少なくありません。

なぜなら、忙しかったり他の仕事を抱えている場合、「友人だから大丈夫だろう」という甘えが出てしまいやすいからですね。

そのままズルズルと納期が遅れ、最悪の場合は人間関係が壊れることもあるので注意しましょう。

3.SNSを利用して発注する

TwitterなどのSNSを日常で利用している方は、SNSを利用して記事作成してくれるライター募集もアリです。

SNSは短時間の間に情報が拡散しやすいうえ、不特定多数の方に見てもらえるので、場合によってはクラウドソーシングよりも素早くライターを確保できる場合もあります。

ですが、クラウドソーシングと違って仲介する企業や人間が居ないため、あなた自身で様々な対応をする必要が出てきます。

例えば、契約書のやり取り、請求書や領収書の発行、振り込み先口座を教えたり、入金確認作業などが挙げられます。

他にも、仕事内容に応じて守秘義務契約(NDA)をかわさなくては行けないケースもありますよ。

品質の高さを求めるなら記事制作会社へ依頼する

高品質な記事を求めるなら記事制作会社への依頼がおすすめです。

記事制作会社には様々な経験や専門知識を備えたライターが在籍しており、クライアントの要望に応えられるライターが記事作成するからですね。

また記事制作会社の編集担当者は、ライターがクライアントの要望に合わせた記事を作成できるようフォローしてくれます。

さらに、校正やコピペチェックもしてくれるため、自分では気づかないうちにライターが記事盗用といったリスクも防げます。

質が高く、要望通りの記事作成を望むなら編集担当者がいる記事制作会社への依頼がおすすめですね。

【品質にコミット】クイッカ×クラウディア「記事作成代行サービス」

ライターへ提示するマニュアルは3つのポイント

記事作成を外注する際にライターへ提示するマニュアルは、以下3つのポイントを抑えておくことが大切です。

  1. 説明は具体的に伝える
  2. 記事で伝えるべき内容を説明する
  3. 作成する記事表現について細かく伝える

1.説明は具体的に伝える

マニュアルにおける説明は、誰に外注する関わらずとにかく具体的に記述することがポイントです。

特にクラウドソーシングで記事を発注する場合、初心者にも伝わりやすい内容で具体的に記事の書き方を伝えることが大切です。

プロではないライター未経験者や初心者の方に記事作成を依頼するケースも多々あるからですね。

例えば、マニュアルに「記事をPREP法で書いてください」といっても記事を書いたことがない初心者の方にはよく分からなかったりします。

そのため、「記事は結論⇒理由⇒具体例⇒結論の順で書いてください」と詳しく説明したり、例文を示すのがポイントです。

2.記事で伝えるべき内容を説明する

発注する側のあなたはライターに「記事作成の目的」や「記事で伝えるべき内容」を詳細に説明する必要があります。

なぜなら、記事作成の目的や内容を外注するライターへ上手く伝えないと失敗に繋がりかねないからです。

あなたがイメージしていた記事の出来上がりと異なってたり、記事で伝えたい内容がぼやけてしまう場合もあります。

Webメディアの場合、メインキーワードやサブキーワードといったキーワード指定、誰に向けて記事を発信するのかといった点は、必ずマニュアルで伝えましょう。

3.作成する文章表現について細かく伝える

作成する記事の口調や見出しの書き方など、細かな文章表現もライターへ伝えることが大切です。

記事作成後に文章表現部分を訂正しなければいけなくなることで余分に時間がかかり、予定納期を遅れることに繋がるからです。

納品後に初めて言われての訂正作業はライター側にとってもストレスになります。

そのため書いて欲しい記事表現の部分は、参考記事を例として示すなどできるだけ詳細かつ、分かりやすく伝えるのが大切です。

ライターへ提示するマニュアルの作成方法

ライターへ提示するマニュアルは、以下5つの点を詳しく説明するように作成しましょう。

  1. 記事作成の目的
  2. 記事の詳しい内容
  3. 記事を読むユーザー層
  4. 表記ルールの統一
  5. 記事作成のルール

この章では、各ポイントについて詳しく解説していきます。

1.記事作成の目的を伝える

作成してもらう記事の目的を伝えることは重要なポイントです。

記事作成の目的が明確でないと外注するライターは、記事で伝えるべき内容を理解できず読者へ上手く伝えられないからです。

「特定の商品を販売するための記事」「○○について解説する記事」といったように記事作成の目的をライターへしっかりと伝えましょう。

2.記事テーマの詳しい内容

記事テーマの内容や読者へ伝えたいことを明確にしてライターへ伝えましょう。

当然のことですが、記事テーマを具体的に伝えないと受注されたライター側は困るし、ムリヤリ書いてもらっても、あなたの考えるイメージと違った仕上がりの記事内容になっている確率は高いでしょう。

なので、記事テーマについて詳しい情報を共有したり、探し方について指示しておくのも大切です。

3.読者のユーザー層を伝える

記事を読んでもらいたい読者ユーザーやターゲットを明確に伝えましょう。

なぜなら、読んでもらいたい読者によって記事で伝える内容や伝え方も異なるからですね。

例えば、記事内で同じ商品を販売したいと考えていても、「性別」や「年齢」によって抱えている悩みや疑問、言葉遣いはそれぞれ違います。

なのでライターへは「20代の大学生へ向けた記事を書いて」や「40代の主婦をターゲットに記事を書いて欲しい」など、ユーザーやターゲットを絞って伝えましょう。

表記ルールを統一させる

記事作成の際に守るべき表記ルールを統一することも必要です。

なぜなら、メディア内の記事の表記方法がバラバラだと掲載しているメディアに対して「素人っぽい」「安っぽい」などのマイナスイメージを持たれるからです。

統一しておくべき表記ルールの一例は下記の通りです。

  • 改行ルール(1文ごとに改行をいれる、あるいは段落ごとに入れる)
  • 装飾ルール(強調したい文を目立たせるためにどのように装飾するか)
  • 引用元や参照元のルール(公式サイトや一時情報だけを用いるなど)
  • 全角、半角(数字・アルファベットの表記を全角か半角で統一する)
  • 文末表現(「です・ます」調のみを使用する、体言止めを用いないなど)
  • NGワードやNG表現についても詳しいルールを設定する

表記ルールを統一していれば、複数のライターが記事を作成したとしてもクライアントの要望に合わせた記事を作成しやすくなります。

5.文章の書き方以外の文字数や改行もルール化

文章の書き方以外でも、最低限の文字数や参考にしたページの参照元リンクの貼り方、改行などの細かなルールを決めておく事が大切です。

ルールを決めていないとライター側は、文字数の基準がわからず困るし、納品後に参照元リンクの確認や改行作業することになったりします。

やらなくてもよい作業を増やさないためにも、最低限書いて欲しい文字数や引用したリンク、改行といった細かいルールもマニュアルに書いておきましょう。

6.禁止事項を明確にする

常識的に思える禁止事項についてもマニュアル内にはっきりと明記します。

たとえば盗用やコピペを疑われるような文書作成、宗教や政治的偏見、差別を助長するような表現も明確に禁止することで余計なトラブルを避けられます。

これらは掲載するメディアのイメージに大きく関わるので、必ず含めましょう。

7.わかりやすいマニュアル構成にする

マニュアルはライターから観てわかりやすい構成にする必要があります。

マニュアル自体が複雑であったり、いくつかの資料に分かれていたりすると、ライターは内容を十分に理解できず、間違った仕事の進め方をするハメになりかねません。

マニュアルは、なるべく一つのファイル内で簡潔にまとめることで、ライターも十分に内容を理解して記事作成できます。

高品質の記事を書いてもらうためにも、「ライターにとって読みやすい」マニュアルを意識して作成しましょう。

記事作成代行サービスへの依頼マニュアルの改善方法

マニュアルは一度作成すれば終わりではなく、ライターにとってより良いものとするための改善の繰り返しをおすすめします。

マニュアルは必要に応じて更新する

マニュアルは、必要に応じて変更また更新されていく必要があります。

記事作成する中で、より質の高い記事作成に向けたアイディアや変更すべき点が見つかったタイミングで行いましょう。
ライターからの要望や質問がマニュアル更新のヒントになることがあるので、ライターの声に耳を傾けることも必要と言えます。

更新されたマニュアルは、Googleドライブやドロップボックスといったクラウドサービスを利用して、ライターがいつでも最新版を観られるようにしておきましょう。

ワードやテキストファイルで作ったマニュアルを改善の都度メールで送ると、メールの送り忘れ、ファイルの添付忘れ、ライターの見落としといったミスが起こりやすいです。

ライターが業界用語を知らない前提にマニュアルを作成する

Webの仕事経験の少ないライターは、言葉そのものを理解できない方も多いです。

結論から言うと、ライターが業界用語を知らない前提にマニュアルを作成しましょう。

なぜなら言葉を知らないことで、ライター自身がマニュアルの内容を理解できなかったり、ムダな質問も増えます。

例えばWebビジネスの中で出でくる言葉の例となります。

  • SEO
  • リスティング
  • アフィリエイト
  • PPC
  • HTML

記事作成時、ユーザーの考えに寄り添うことを考えるのと同じように、ライターの考えに寄り添ったマニュアル作成を心がけましょう。

ライターからの問い合わせに素早く対応する

ライターが記事作成を進める中で、マニュアルでは解決できない質問や不明な点が出てくることは多々あります。

結論から言うと、ライターからの記事作成についての問い合わせには素早く対応しましょう。

質問に対しての回答が遅いと記事作成を進められず、クライアントへの信頼を失うことへつながります。

クラウドソーシングやSOHOサイトでライターへ依頼した場合、仕事完了後の口コミ評価システムの中ででも低評価をつけられやすくなります。

ライターからの質問に早く返信することを心がけましょう。

まとめ

今回は、記事作成の外注と依頼する際に必要なマニュアル作成の方法や、抑えておくべき大事なポイントを解説していきました。

記事作成の外注を上手く活用すればウェブサイトの記事数を短期間で増やせて、サイトの内容充実できてオススメです。

解説した記事作成の外注方法や依頼する際に必要なマニュアルの作成と書くべきポイントを参考にして、実際に外注してみましょう。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。